copacetic:

cubebreaker:

E-Nabling the Future is an organization of volunteers who produce 3D-printed prosthetic superhero arms for kids in need.

This is bloody brilliant!

darylfranz:

有名コピペ「汚い仔猫を見つけたので虐待することにした」をなぞったネコ動画 ほっこりすると人気に - ねとらぼ 最新記事一覧
2chで有名な感動系コピペ「汚い仔猫〜」の通り、まずは「嫌がる猫を風呂場に連れ込みお湯攻め」から始まります

darylfranz:

有名コピペ「汚い仔猫を見つけたので虐待することにした」をなぞったネコ動画 ほっこりすると人気に - ねとらぼ 最新記事一覧

2chで有名な感動系コピペ「汚い仔猫〜」の通り、まずは「嫌がる猫を風呂場に連れ込みお湯攻め」から始まります

その才能に嫉妬…学生の「自主制作アニメ」がハイクオリティ!

どこか学生らしさを感じさせながらも、ハイクオリティで見る者を魅了する学生の自主制作アニメ。話題になった作品とか、そこまで陽の目を浴びてない作品とか、掘り起こしてみたら面白かったです。

更新日: 2014年01月20日

その才能に嫉妬…学生の「自主制作アニメ」がハイクオリティ! - NAVER まとめ (via hutaba)

俺が厨房の頃にパイナップルの入った酢豚とやらが食べたくなって親に頼んで小遣い貰ってパイナップル入り酢豚を食いに行った
普通の中華屋だと駄目だと思い繁華街の高級そうな店に行った
高級ぽい所に厨房の俺がひょろっと来たので店の人もびっくりしたのか「お食事ですか?」とか当たり前の事を聞かれた
それで「パイナップルの入った酢豚が食ってみたい」と言うと「酢豚は3500円ですが」とか言われた
「大丈夫、5千円ある。あとご飯も食べたい」と言うと店員が奥に行ってしばらくしてスーツ着たもう一人の店員が「こちらへどうぞ」と案内してきた
そこは個室でちょっとドキマギしたがしばらくして酢豚とご飯が出て来た
それを食ってみると美味い!めっちゃ美味い!
酸味と甘味のバランスが抜群で野菜もおかんの作るしなしなとかでなくシャキッとしつつ野菜のえぐ味がなく甘味がしっかり出てて
お肉も杏が絡んでしっとりそしてぶわーっと肉汁の旨味が口に広がる
そしていよいよパイナップル
甘酸っぱい杏に甘いパイナップルがよく合ってすげー美味かった
他の野菜とはまた違った甘酸っぱさで咀嚼する度に甘味がじわっじわっと出てくる
そしてまた酢豚を口にするとさっぱり食べられてパイナップルの存在がこれ程とはと感心しきりだった
会計の時に4千いくらか円取られたがあんなに美味い酢豚ならまたお金貯めて食べに行きたいと思った
しかし家に帰ってその話をすると「そーゆー店は会社の偉いさんとかが行く店や!子供の行く店ちゃう!迷惑やろ!」と怒られた
でもあれは美味かった
あれをまた食うためだけにでも将来お偉いさんになりたいと思ったが勉強苦手なので諦めた
大人になってお偉いさんのフリして行ったろうと思た

「酢豚にパイナップル」「ポテトサラダのリンゴ」許せるのか? - 2chコピペ保存道場 (via darylfranz)

304: 困った時の名無しさん:2007/02/01(木) 12:54:19 
超簡単にして最高においしい唐アゲ。
1、一口大に切った鳥ももをビニール袋の中に
2、胡椒少々+袋内に肉に吸収されて液が見えないくらいの量の日本酒を入れて揉む
3、20分放置(肉はジューシーに&臭みが消える)
4、醤油をいれてモミモミ(袋を傾けた時に多少液が見える程度)
5、10分~15分放置(カットした大きさによる)
6、片栗粉を入れてよく揉む

余計なものを入れない方が美味しい。
日本酒だけで少し置くのが最大のポイント。
弁当屋から中華料理屋まで、色々な所で唐アゲを食べまくった私ですが、
これ以上にうまい唐アゲには出会った事がない。

暇人\(^o^)/速報 : 【画像あり】ただのエロサイトじゃねーかwwwww - ライブドアブログ (via itutune)

先日、南部鉄器の職人さんを取材した際、見事な意匠の鉄瓶が目に留まりました。せっかくの出会いだし、購入したいと思いましたが、「鉄瓶って、あまり使う機会がないのでは?」と考えてしまい、しばし逡巡…。それを見ていた職人さんが私に言いました。


「鉄瓶で沸かした白湯は、おいしいし体に良いから、騙されたと思って飲んでみなさい」


「騙されたと思って」に弱い私は、その言葉に背中を押されて購入を決意。自宅に持ち帰り、さっそく白湯を試すことにしました。

「ただ沸かせば良いのだろう」と思いつつ、一応、ネットで調べてみると…白湯に関する情報が出てくる出てくる。なんでも、インド発祥の伝統的な医学であるアーユルヴェーダでも、体のバランスを整えてくれる飲み物として推奨されているとのこと。

そして、沸かすだけだと思っていた「白湯のつくり方」について細かく掲載されたページも、たくさん見受けられます。それらを総合すると…


1.フタをした鉄瓶(なければ、やかんでもOK)に水を入れ、強火にかける。

2.沸騰したらフタをとって、湯気を逃がしながら、沸いたお湯を空気に触れさせる。

3.火を弱めて、そのまま10〜15分ほど沸かし続けたら、できあがり。



沸かし続ける時間は、短くて「5分」、長くて「20分」と諸説あるようですが、平均すると10〜15分でした。当然、どんどん蒸発していってしまうので、空焚きにならないよう、水をタップリ入れて沸かすようにしてください。

飲む際の温度は、体温より少し熱めの50〜60℃が最適だそうですが、実際に計れない人は「すすって飲める程度」と考えてください。コップ1杯の白湯を5〜10分かけて、ゆっくり飲むのが良いようです。

摂取量にも目安があり、アーユルヴェーダの考え方に則ると1日の上限は700〜800ml。それ以上飲むと、体にとって必要なものまで押し流してしまい、健康を損なうおそれがあるそうです。

さて、肝心の「味」はというと…最初はあまり気付かないかもしれませんが、飲み続けているうちに「甘み」を感じてきます。また、私はありませんでしたが、体内に毒素が溜まっている人は「甘み」どころか「まずさ」を感じるそう。最初に「まずい!」と思った人には、むしろ飲み続けてみることをオススメします。

さらに、鉄瓶で沸かすことで味がまろやかになるので、とにかく驚くほどおいしいのです。以前、ノドが渇いた時は冷たいミネラルウォーターをがぶ飲みしていた私も、いまでは白湯がクセになっていて、ペットボトルで購入しているミネラルウォーターがほとんど減らなくなってしまいました。

最後に、一般的に言われている白湯の効能を列記しておきます。


○ 毒素や老廃物を押し流してくれる

○ 血行が良くなり代謝が上がる

○ 余分な水分を排出してくれる

○ ダイエット効果がある

○ 便秘が改善する

○ 肌荒れが改善する

○ 冷え症が改善する

○ 寝起きが良くなる

○ むくみがとれる



厳密なアーユルヴェーダの考え方では、人それぞれの属性によって理想の温度や飲み方があるとともに、そもそもの体質・体調によっても効能が変わってくるそう。詳しく知りたい人は一度、アーユルヴェーダを取り入れている病院で診察を受けてみるのも良いかもしれません。

東洋医学の知恵と、日本の伝統工芸品のコラボレート。騙されたと思って、ぜひ一度お試しください。

飲んでわかった「白湯」のうまさと、調べてわかった効能の数々 : ライフハッカー[日本版] (via ishizue)

視力障害の先生の障害者の権利の講義を思い出す。
「もし私が知事になったら不要だから夜間の街灯を排除しますよ。電気代浮くし。皆さんは困るでしょう。私は困らない。皆さんの意見が通るのはつまるところ皆さん『健常者』が多数派だからに過ぎない。障害者問題はマイノリティ問題なんです」

Twitter / jiny3jiny34643 (via gearmann)